お知らせ

手作り放射線センサートップに戻る





電気コップ1
電気コップとは

プラスチックのコップの外側をアルミホイルで包み、電極と集電板をつけたものです。
静電気をためるコンデンサー(キャパシタ)です。

集電版のそばで、水道管(塩ビ管)をキッチンペーパー(ウールの切れ端ならなおよし)でこすって静電気を発生させ、それを電気コップに貯めます。


←完成の状態はこれ、静電気をためて火花を飛ばしてみましょう。ばちっと1ミリくらい火花がとんだら完成です。梅雨の時期は正直いってうまくいきません。

電気コップは、デキシー-硬質プラスチック-クリアビールグラス(430ml)がよく電気がたまったのでおすすめです。スーパーや、ホームセンターなどで売っています。(アマゾンでもありました。)

集電板は、下記のように電線のとげとげをセロテープでとめてつくります。(もっとうまいやり方がありそうですね。)




作成方法
アルミホイルの型をつくるのにコツがあります。私は、コップから、アルミホイルに型をとりそれをさらに紙にとってまたアルミホイルに戻しました。
カップにクリップをつける
カップにクリップで印をつけます。
アルミホイルにすじをつける
カップをアルミホイルにおしつけてまわして、筋をつけます。クリップで位置決めします。
筋のついたアルミホイル
 アルミホイルに筋がつきました。筋にそってちぎります。
紙の上におく
 アルミホイルの型を紙の上においてなぞります。
紙に型をなぞる
紙のうえに型がなぞられました。この型にそって紙を切り抜きます。(鉛筆薄くてちょっとよく見えません)
紙を切り取り型をつくりアルミをちぎる
紙の型の下にアルミホイルをおいて、アルミホイルをちぎるようにして、コップに、かぶせるアルミホイルをつくります。
紙の型からアルミホイルを切り出し大きさが違いますが、ななめからデジカメでとったせいです。ほぼ同じ大きさです。
2つつくります。電線(赤)プラス、電線(黒)マイナスをつけ、とげとげの集電板をつけて完成です。