このエントリーを含むブックマーク
 
『今、気になっていることがありますか?』
私はビッグデータが気になっています。

世界に誇れる日本のビッグデータ技術(すごい特許)


twitter    zanjibar
facebook http://www.facebook.com/tadashi.nagao
 
オンラインユーザー17人
ログインユーザー0人
COUNTER888708

ログイン

日誌

気軽に >> 記事詳細

2010/01/31

気軽に書くブログ

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
にしてみました。twitter に書くの近いもの書いていきます。

09:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
メモ
123
2009/10/23

NetCommons に望むこと その2 ユーザからのフィードバック

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
ユーザからのフィードバックは重要

NetCommons が、本当に役立つ情報基盤になるためには、どんな利用者がどのような目的でうつかっているかや、どんな感想や、要望を持つかを適切につかむことは大切です。

ユーザ情報を的確につかむためには、

1.NetCommons の利用統計
2.運用者へのヒヤリング

をするのがいいでしょう。

すぐにできるところでいくと、

●公式でアンケートをとる

NetCommons 公式サイトでアンケートをするのはどうでしょうか?
昔から、いっているのですが、NetCommons の機能でアンケートは重要です。
公式サイトも、参加者が、2000人以上います。全員が答えるわけはないと思いますが、
面白いアンケートがとれるでしょう。

アンケートの内容はシンプルでいいです。NetCommons でサイト運営中かどうかを聞くだけでもよいでしょう。

そして、しばしばアンケートをやるのがいいのではないでしょうか?

●有力サイトのヒヤリング まずは屋久島
屋久島の事例など、プレスリリースまでした事例があります。その後どうなったかなど、詳しくヒヤリングすると、価値あるユーザからのフィードバックが得られるはずです。
ガリレオ工房もヒヤリングしたいところです。









14:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | トラックバック(1)
2009/09/23

NetCommons に望むこと その1 価値ある情報

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
NetCommons に望むこと というブログ記事は、長尾正個人の価値観から書いています。NetCommons に関わる人にとって、何かの参考になったら幸いです。

NetCommons に望むこと は、3つの記事から構成します。内容は、ちょくちょく変更しますので、何かコメントするときには、すみませんが、記事をチェックしてからお願いします。

価値ある情報とは? 
ユーザは何を望んでいるか?
今、何をするのがいいか?


情報基盤になること 価値ある情報とは
NetCommonsは、究極の情報基盤システム です。公式サイトにもそう書いてあります。でも、情報について、私たちは的確に理解し、機能する概念をもっているのでしょうか? 
この点に関して、日本ではそれほどつめて考えていないのではないかと私は思っています。
その象徴が、通信の数学的理論がつい最近になってやっと復刊されたことです。シャノンとウィーバーの共著で、1948年に書かれています。
原文は、いまでもアメリカでは、情報理論の古典として教科書として使われているといわれています。情報とは何かについて深い洞察を示し、情報理論の基礎をつくった名著が日本では読むべき本として指定されていなかったのでした。著名な本なので、子飼弾さんのブログでも、あわてて購入した書かれるほど有名な本です。
この本の中に、情報(通信)についての分類という段階で有名なものがあります。
A,B,Cの3段階です。

Aは、情報がノイズなしに伝わることです。雑音でピーピーガーガーではお話になりません。
つまり技術的にきちんと伝わることがなんといっても重要です。

Bは、ノイズなしに明瞭だとしても、ロシア語で話されるなら、ほとんどの日本人にとってそれは意味がないでしょう。つまり意味的にきちんと伝わることです。

Cは、意味がわかっていたとしても、相手に行動が起こらないなら、その情報には価値がないというものです。効果的にきちんと伝わることです。素晴らしいプレゼンテーションでした と言われて、相手が何の行動を起こさなければ、そのプレゼンテーションの情報的な価値はないといってもいいでしょう。

本の中では、Aが主に扱われています。

2009年の今となっても、行動が起こる情報が重要だというのは、十分に意味があります。でも、このような古典的な情報の価値だけでは、これからの情報基盤をつくるのには、あまりにも、大雑把です。より機能する情報の価値の定義、つまり現代的な情報の価値がもとめられているはずです。




21:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(5107)
2009/09/13

素数は無限にある 

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
数学は言葉 p98 の証明をTEX を使って解説です。TEXの練習としてやっています。

これが素数の定義

Tex

m|p の意味は、p はm で割り切れるです。2|p とかくと p は、2出割り切れる。つまり偶数です。
上の数式は、素数は、1より大きくて、pを割り切れる数は、1とpのみ ということです。

で証明の対象は、これをちょっと書き換えます。
どんな n に対しても、それより大きな素数pが存在するという論理式ですね。

Tex

n に対して m=n!+1 をおきます。n と m=n!+1 の間(mを含む)に素数があることを証明します。n! は、n の階乗です。

集合Pを下記のように定義します。
Tex

集合Pは、1 でない m の約数です。P の要素の最小値を q とします。
この q  が素数だということを証明します。 このことが書いてなかったのでわかりにくかったのかもしれません。 q は、m になることもあります。3!+1 = 7 の場合です。4!+1=25 のように違うこともあります。

m の定義から、n までの数は、Pの要素であるmの約数にはなりません。 m = n! + 1 なんで、n までは
1 あまるからです。
したがって、 n < q です。 

ここで、反証で証明します。q に約数r (1 < r <q )があると、r は、q より小さくかつ P に含まれることになります。q は、P に含まれる最小値なんで、矛盾します。r=q でなければいけません。というわけで、めでたく q は素数だということになります。そして、n よりも大きいです。










03:49 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | トラックバック(1)
2009/09/11

TEX

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
ぼちぼちTEXを使う予定です。

記法をまずは覚えるところからです。


ド・モルガン


Tex



07:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2009/08/01

新聞記者は分かっていない

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
日本の科学(記者)史 凋落期1993~2008を読んでびっくりしました。

さて、結論からいいますと、この15年間、日本の科学技術はピークから急速に下降を続けました。

事実に基づいていないです。

おそらく Spring-8 で今つくられている XFEL のことは知らないのでしょう。
成功すれば、そのインパクトは計り知れません。
Spring-8 にしても、トヨタがビームラインをつくったいうことは、かなりすごいことです。

発見というレベルでも、
iPS細胞(2007)、それから、鉄系超伝導(2008)など、非常にインパクトのある領域でこれからリードするという状況です。特に鉄系超伝導に関しては、神原陽一氏が2008年最も引用された論文研究者になっています。

北澤宏一さん(科学技術振興機構 理事長)の新年挨拶を読んでみれば感じ取れるでしょう。
実際の科学者に聞いてみれは、さきがけ、erato などの科学技術振興策は、諸外国の科学者から羨望のまとです。アメリカのようにプレゼンプレゼンで、1年のごとの結果だせではないので、のんびり3年から5年です。すぐに役立つ研究をしなければいけないようなマスコミ論調がありますが、誰でもすぐに役立つと思ってそれが確実なら国がやる必要はないのです。そのぐらいのこともわからないのでしょうか?







21:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0) | ちょっと思ったこと
2009/07/24

ネットコモンズの問題点と解決方法

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
数学者としても有名な新井紀子先生が国立情報学研究所で開発しているネットコモンズには本質的な問題がある。

ITの国家プロジェクトとして成功している ことだ。

鳴り物入りの、第五世代コンピューター、シグマ計画は惨憺たる結果だった。
地球シミュレータのように成功したものもあるが、大雑把にいって、国家予算で開発したプロジェクトがうまくいっているのはあまり聞いていない。特にユーザが実際に使うものにいたってはほとんどないといってもいいのではないだろうか?
Spring-8 の成功、最近のiPS細胞、鉄の超伝導などとくればるとIT関係は金をドブに捨てている印象は強いのではないだろうか?

ネットコモンズは、一般のユーザが喜んでつかっているのである。これは、この種の
国家プロジェクトで前代未聞のことだろう。

文部科学省がどう思っているか不明ではあるが、今後、ネットコモンズは、他の省庁に
対しても影響力を行使するはずである。総務省のICTプロジェクトや、経済産業省がこれからおこうであろう制度設計(メカニズムデザイン)などにネットコモンズがコンポーネントとして入っていく可能性は、十分にある。文部科学省としては、ネットコモンズを使えということで、他の省庁に対して発言力を行使できるかもしれない。

そのために、開発という観点からネットコモンズは拡張性を高くする必要がある。それをどう実現するかは、一見むずかしそうだが、実はそうでもないと私は思っている。

どうしたら、拡張性高いシステムをつくれることができるか? その解は、汎用データベースにある




22:08 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | トラックバック(9071) | ちょっと思ったこと
2009/06/20

造語 関媒 関係を媒介する

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
インターミディアリ 中間支援機能(http://www.npo-homepage.go.jp/pdf/report_h14_sc/5.pdf)という言葉がありますが、あまり日本語としてこなれいません。

といって、仲介 というとちょっと違和感があります。

そこで、造語してみました。関係を媒介するで、関媒です。

関媒機能が重要という切り口で少し普及させてみようと思っています。

17:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/05

曖昧さはコミュニケーションの質を落とす その1 じゃないですか?

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
はてなで長い間質問してきて感じたのは、じゃないですか? と曖昧でいい加減な回答を
する人が結構いたことです。
もちろん、素朴な疑問としての じゃないですか? もあるので一概には言えません。

こういった曖昧なコミュニケーションは、隠ぺいされた形での意見や忠告の一種で、質の低いコミュニケーションです。

じゃないですか? がどんな時に使われるかというと、経験からいえば、影響力のない人が、無理して影響力を行使しようとする場合です。
特に一般論、抽象論で当たり前のことをいう場合は、そうです。

(例) 新しいことには、リスクがあるんじゃないですか?

じゃないですか? にどう応答するかは、簡単です。正面から、「情報的な価値がないですね。」といえばよいのです。
また、最初から、誰もが知っていることで、じゃないですか というような情報的に価値のないコミュニケーションはとらないでくださいと言えばいいのです。

じゃないですか? に対してもう少し踏み込んで対抗するには、確実という言葉を使います。確実な(体験や実績、社会的影響力)ところからの発言をしてくださいといいます。

じゃないですか? の問題の本質は、自分に社会的な影響力がないのを隠しながら、影響力を行使しようとするところです。意見や忠告のように直接的なコミュニケーションではないですが、自分の影響力を測ったり、拡大しようとしているには違いはありません。

確実よりも効果的な応答は、「私はそれほど馬鹿ではないです。そのくらいわかっています。」とか、「ここにいる人は、それほど馬鹿ではないでしょう。」というものです。こういうと、影響力がないことをはっきりさせることができるからです。

影響力がないことをはっきり自覚させたほうがいいかどうかは、状況によるでしょう。
生意気な意見や忠告の場合と異なり、じゃないですか? 発言をする人は、自分の影響力がないことを知りたくないのです。


14:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
2009/06/03

住友商事 海外工業団地

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
企業が、ビデオをつかってWeb上での広報活動をする例が増えてきました。

商社が、海外の工業団地を、手がける事例としては、住友商事海外工業団地部は、先駆者です。



00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(1)
2009/05/20

ネット利用者数、総利用時間、総PV数の推移 2001-2009

Tweet ThisSend to Facebook | by:tadashi
SurveyML Reference Roomの記事です。

Youtube や ニコ動のようなストリーム系にユーザがシフトしているというのでしょう。
実感としてもわかります。

なんだかんだいってもキラーコンテンツは、TV系のはずです。
ただ、東京新聞の記事によれば、NHKオンデマンドは当初の予想よりも伸びていないようです。

どんな動画コンテンツが普及するかというと、いろいろ意見あるかと思いますが、私は、e-Learning 系がビジネス的に面白いと思っています。

動画で説明して、簡単なテストを行うというものです。携帯対応すれば、電車の中でもe-Learning が可能になるでしょう。

なかずとばず、終わったといわれるe-learning ですが、動画が加わってくると状況は変わるのではないでしょうか?


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | トラックバック(0)
123